女は男より高等な生き物!!平等主義者のgreenは男に容姿を貶された40代既婚デブスちゃんの気持ちが分からない!!

ワンピースを読んでいたら、このブログでもよく話題にする40代既婚デブスとマリッジファーストのぽっちゃり系の女にぴったりの風刺を見つけたので紹介しようと思います。

 

40代既婚デブスは以下の日記で結婚しているデブスと私が言っている人物で、マリッジファーストのぽっちゃり系の女は以下のブログでホステスの女性と言っている人物です。

fpe6665.hatenablog.com

 

f:id:fpe6665:20180218101254p:plain

マリッジファーストの取り巻き①『マリッジファーストちゃん!!greenだ!!統合失調症で廃人になると期待したのに嫌がらせから逃れてリア充している奴だよ!!バイトもしてる!!』

マリッジファースト『何万人でも美人を連れてきてみろ!!結婚していないならそんなの意味がないんだ!!ムキー!!』

green『うわ…。40代既婚デブスには、自らが顔パンパンであることを知らせる鏡攻撃が効いていない!!マリッジファースト恐るべし…。』

マリッジファースト『高が、男と美人なgreenが…。』

マリッジファースト『40代既婚デブスの容姿を貶すなんて、下等なgreenと男が私たち結婚同盟に何をしたーーーーー!!!』

f:id:fpe6665:20180218101319p:plain

マリッジファースト『私と40代既婚デブスちゃんは、結婚している女だぞーーーー!!!至高のマリッジ同盟だーーーーー!!!!』

green『今度はお世辞で持ち上げられた40代既婚デブスの発情面が…!!!』

 

f:id:fpe6665:20180218101338p:plain

green『危ねえーーー!!!マリッジファーストの前で40代既婚デブスの顔がパンパンの大顔不細工であること指摘したら、統合失調症になる呪いをかけられた…。日常生活送っている上にバイトできているけど…。』

マリッジファーストの取り巻き①『まだ、廃人になってないぞ!!リア

充の上楽しそうだ!!追え!!!』

マリッジファースト『寧ろ40代既婚デブスちゃんが精神状態おかしくなっちゃった!!馬鹿にされすぎたせいね!!とっ捕まえてgreenを精神病院に送れ!!greenにジプレキサを飲ませて二度と40代既婚デブスちゃんを馬鹿にできないデブにしてやれ!!』

マリッジファーストの取り巻き①『おい…。このままじゃ、マリッジファーストが馬鹿にされて終わるぞ…。知性の低い馬鹿だから仕方ないんだけど。でも、マリッジファースト!!男にバカにされてきた私には、貴方は神!!』

40代既婚デブス『日を改めるよ…。どうして、少し太ってもgreenが結婚している私より美人なの!!ムキー!!!』

f:id:fpe6665:20180218101355p:plain

マリッジファースト『こりゃ、なんだ??greenがバイトしながらリア充しているじゃないか?統合失調症じゃなかったのかよ?』

マリッジファースト『一体、40代既婚デブスちゃんに何が起こった??どうして40代既婚デブスちゃんが、結婚しているのにピリピリしないといけないんだ??』

マリッジファースト『至高なる女のマリッジ同盟よ!!男とgreenは下等な種族なんだお!!男と平等なgreenは私たちマリッジ同盟のような至高の種族にたてついちゃいけないんだお!!!』

f:id:fpe6665:20180218101410p:plain

マリッジファースト『そうさ…統合失調症にならないといけないのは、40代既婚デブスちゃんじゃなくて、greenとデブスちゃんの容姿を貶した男よ!!』

green『ちょっと待ってくれ…。俺はちゃんと統合失調症になったし、ただ日常生活がが普通に送れてバイトしたりショッピングしているだけだ…。』

マリッジファーストの取り巻き①『何?greenが廃人にもならずに毎日ブログに40代既婚デブスと精神障碍者の悪口を上げているって?』

マリッジファーストの取り巻き➁『ああ、さっき、アクセス数も順調に伸びている。40代既婚デブスの惨めな風刺画を一杯見た。今は

マリッジファーストについて書いてるらしいぜ!!』

マリッジファーストの取り巻き➂『くそ!!統合失調症じゃなかったのかよ?どうしてバイトしてブログ書いているんだ!!ムキー!!ふんがー!!!』

f:id:fpe6665:20180218101422p:plain

green『マリッジファースト!!40代既婚デブスちゃんはお前を完全に信じているんだぞ!!そして自分はブスじゃない、デブじゃないって幻想に浸っているんだぞ!!よくそれを利用して女が至高の種族とか結婚していないgreenたちが自分らより美しいのが許せないなんてエゴ全開の布教が行えるな!!』

マリッジファースト『それはどうも!!私が信じているのは、男に不遇な思いをさせられた経験のある女たちの怨念だけ。それを利用すれば、女至高の種族って言っているだけで、信者が得られるの。』『無邪気な40代既婚デブスちゃんが世間知らずなのよ』

green『まあ、分かっていたけどな…。』

今日は診察へ行って食事して帰ってきた。

今日は診察に行ってきました。聞きたいことを友達に相談してまとめたり、このブログに書いたりしていたので結構沢山話せたし、医者も沢山話を聞いてくれました。

 

しかし、診察前に面倒くさいミッションがありました。

それはデイケアへの挨拶です。実は先日、デイケアにずっと行っていないことについて親の携帯に電話があったらしいんですね。

え?!なんで?と思いました。親の携帯にあるのは、私の携帯の番号をデイケアに報告せず親の携帯番号を報告していたからいいのですが、まあ、緊急連絡先として。しかし、デイケアの籍がなくなるのは3ヶ月だし、デイケアに行かなくなったのは先月の24日からなので、一か月も経っていないんですよ。それにデイケアでのソーシャルワーカーとの面接で、私は2月からバイトを始めるので、そうしたらデイケアへは通わないと伝えてありました。そして、バイトが決まったことも伝えていました。

 

だから、なんで????と思ってしまいました。正直鬱陶しかったです。

 

そして、電話してきたのが、デイケアでの私の担当のスタッフではない人だったんですよね。

そのせいで、少し警戒感を抱いてしまいました。

電話してきたスタッフと仲がいいデイケアのメンバーがいるのですが、そのメンバー

に2月から働くからデイケア行かないと会話の中で言ったら、greenは焦っている!!とか嫌味言われました。でも、はっきり言います。大体、統合失調症の場合は発病したから1年ぐらいで働いて寛解している人がネットの中では圧倒的に多いし、軽快した人は大体皆1年後ぐらいから、働いています。数ヶ月で働く人も見ました。その意味でそれらの統計に合わせたし、医者も働くことを快諾してくれていたので、働いたので、焦っていると言われて正直大変不快な思いをしました。

そのお陰で、そのメンバーのことは大嫌いになりました。

 

私はデイケアに通うのが嫌だし、精神障碍者と関わりたくないので働くことにしただけなのに、もう、デイケアに通って療養する必要性を感じなくなったからバイトすることにしただけなのに、それを、てめえの基準で焦っているとか言われたくないのですう。

精神障碍者の分際で!!

 

f:id:fpe6665:20180217202929g:plain

 

そのメンバーは会話していたら精神障碍者の雰囲気がないので、比較的私とよく話す方だったのですが、これ以来会話する気が失せました。

精神障碍者って、どうして社会復帰する人を心から応援できないんですかね。社会復帰できれば、キモイ精神障碍者ではない明るい健常者と好きなだけ関われて、友達になるのも健常者、恋人も健常者から選ぶチャンスがでてきて、楽しく変化のある仕事に着けます。仮にバイトでも正社員にステップアップして金をかなり稼げばいい生活が送れるようになります。何故、てめえがそれできねえからって、他人ができるようになるのを、素直に頑張ってね!!とは言えないんでしょうね。ああ、精神障碍者だからか(笑)

 

と、嫌味は置いといて、そのメンバーと仲のいいデイケアスタッフからの連絡だったんですね。このメンバーは暇があれば、その電話してきたデイケアスタッフと会話しています。だから、greenの近況を聞いて!!バイト失敗していますように!!デイケアに戻りますように!!とか言いながらスタッフに質問したのかと心配になりました。

 

しかし、残念ながら、私は今のバイト(8時間勤務ばかり)が無理だったら、もう少し拘束時間の少ないバイトに変えてもいいと母親を説得できていますし、本当に疲れたら2ヶ月ぐらい休んでもいいし、デイケアには、精神障碍者の存在が苦痛なら 二 度 と 行かなくてもいいと言ってもらっています。

 

だから、私がデイケアへ行くことも、精神障碍者の仲間になることもありましぇーんw

 

同時に、電話してきたスタッフはデイケアプログラムの散歩の為に外出中だったので、そのメンバーと特に仲がいいわけでもないスタッフに、『スタッフの●●さん(メンバーと仲良し)から連絡もらいましたが、バイトも順調です。デイケアは時間ないから来れませんと伝えてください!』と本当にこれだけを伝言頼みました。詳しい近況を教えてやる気はありません。

もちろん、そのメンバーが聞いたという保証はないですが、高々1ヶ月も経っていないのに連絡来たり、担当でもないくせに、とか思うと不安だし。もし的中していたら不愉快極まりない通りこして気持ち悪いですしね!!ストレス回避に限ります。

 

これが、診察前の、クッソ憂鬱かつ億劫なミッションでしたw

 

その後、いつも通りの診察でした。

 

診察では、楽しさを含めて感覚が鈍くなっていることを言いました。それで、バイトない日は大抵寝ているのでうつ病ではないかと心配しています、ということも伝えました。

そうしたら、薬の副作用の可能性もあるので、バイトが忙しくなっても病気が再発しないようなら減薬していきましょうか、ということになりました。しかし、バイトが忙しくなる雰囲気もないので、今の調子で、精神状態が悪化しないようなら、恐らく減薬になるでしょうね。医者も今の薬の量が合っているか分からないと言いつつ、楽しいなどの感覚が鈍いことは心配していました。

 

しかし、今回重要なのはそういう内容ではなくて、大体私は大学3年生ぐらいから引きこもりがちになり、大学行くのが苦痛で仕方なくなっていたということを話したら、その頃から統合失調症陰性症状があったのかも知れませんね、ということになりました。

前回のブログのリストカットのところにまとめた内容です。

同時に、幻覚が一切なかったので、破瓜型ではないかと尋ねたら、破瓜型の場合はどんどん認知機能が衰えていったり陰性症状が酷くなりますが、私の場合はリスペリドンを飲んでいた時期に回復していたり、2012年から2015年にかけて活発になっていたり、陰性症状に波があるし、認知機能の衰えが見られないので、破瓜型ではないということになりました。

以前に、破瓜型ではないか?とだけ根拠も提示せずに尋ねたことがあったのですが、今回は前回の日記にまとめたような、大学時代からのうつ病みたいな時期を根拠として話したら破瓜型ではない根拠も話してくれました。

破瓜型の場合は、陰性症状の順調な悪化や認知機能の順調な衰えがあるので、回復しないから分かるそうです。

 

同時に、アスペルガーではないかと尋ねました。

ちなみに、アスペルガーだった場合は統合失調症の合併症で、障碍者手帳の2級と年金がもらえる可能性もゼロではなくなるので、精神障碍者みたいな悪しき期待も少しありますが、それ以上にバイト先でのコミュニケーションの不安が大きいので、性格的なコミュニケーション不全は解消していきたいと思っています。

 

医者は最初はアスペルガーではないのでは?と言ってくれていたのですが、小学校から大学までコミュニケーションが上手くとれず人を不快にする率が高かったことなどを話したら、心理テストを受けさせてくれることになりました。だから、診察以外の用事で病院に行かなくてはいけません。

アスペルガー自閉症の一種だから治らないんですよね。しかも対策なし。アスペルガー単体でも、障碍者手帳の3級がもらえるぐらいですから、診断されたらかなり絶望的です。統合失調症は減薬もできますし、薬飲んでいたら普通の人と同じ生活できる人がほとんどです。もちろん、私みたいに軽い場合ですが…。しかし、アスペルガーだったらどんなに努力してもコミュニケーションが上手くならず、嫌われやすい性格のまま生きるので本当に大変です。

それでも、今まで上手くコミュニケーションをとれなかった理由が分かるのでよしとしようかと思っています。

 

診察の後は、食事をして帰りました。温泉卵の乗ったネギトロ丼です。

 

f:id:fpe6665:20180217205443j:plain

帰りにケーキを買って帰りました。今日はカボチャブリュレのクリームケーキだけ食べました。

 

f:id:fpe6665:20180217205710j:plain

 

そう言えば、入院する原因になったのは、父親を怪我させたことなんですが、その時意識しないでやった、俗に言う犯罪の心神喪失だった扱いみたいなことを父親に言われました。でも、私は、父親の言うことを聞いたらお洒落させてもらえなくなると思ってそれが嫌だったので、もう出ていく!!とキレて、そうしたら止められたので、押し飛ばしただけだから、ヤンキーの喧嘩みたいな流れとは言え意識してやったので、もし、意識しないでやったと診断にあるなら、警察と病院が間違えているかもね、とだけ話しておきました。だから、次の診察で、診断がどうなっているのか聞いて、意識してやったし、無意識にやった内容は一つもないことを医者に告げておこうと思います。

 

今日はこの後東京喰種のDVDを借りてきました。まだ3巻目ですが、バイト始めたお陰で親の金ではなく自分の金で借りられるので、これからは一気に借りて一気に見てみようと思います。

上に、楽しいことがないと書きましたが、東京喰種やall you need is killの映画や、今やっているオリンピックは楽しんでいます。ブログは面倒だという苦痛と書いていて楽しいの半々ぐらいです。

 

それについて、母親に尋ねました。

私は人生で一番苦痛だったのは大学の3年~4年で、その次に苦痛だったのは、キモイ精神障碍者という連中と会話させられたデイケア通いの半年間だったんですが、一番楽しかったのは、2012年~2015年まで、ダイエットの為に一日中ジムで運動していた時期です。

今は当時ほど運動が楽しいと思えませんが、退院した時は家の周りを30分走るのも苦痛だったのに、今は1時間は退屈だけど、30分は楽しく走れるし、ジリアンマイケルズのダンベル運動は楽しくなりました。

恐らく、今は2012年~2015年の次に楽しいとも思いますが、楽って気持ちの方が大きいです。

 

私は自分に自信を持つとかなりの驕りが出やすい性格なので、人のきつくなるみたいです。しかし、好きなだけ男に容姿を貶されたことのある40代既婚デブスという、ネットで私に嫌がらせをしたブスを見下せたので楽しかったです。

 

そう言えば、ハンターハンターを買ってきたら、そこにも、天童よしみ並みに、その40代既婚デブスにそっくりな女が載っていました。

これです。

 

f:id:fpe6665:20180217210706j:plain

この勘違いデブスは、エステみたいなことをしていますが、40代既婚デブスも

関西に住んでいたのですが、関東の友達に会いに行ったり、同窓会に行く前はやっても無駄なのにエステに通っていました。エステの回数券を持っていました。

 

これについて笑えた話が二つあります。

 

一つは、このハンターハンターのページで、これは持ち主の性格なり人格なりを表した念獣が、背後霊みたいに持ち主に憑く話ですが、このデブスは自分の背後霊なら、それは天使か妖精ってことで納得しています。

40代既婚デブスは、自分は金しか能のないキモいちびで丸顔の冴えない男と結婚しているくせに、渋谷でデブのカップルを笑っていました。自己評価が間違っている点も見た目や生活習慣だけではなく、このハンターハンターのデブスにそっくりです。

 

二つ目は、友達とメールしていたのですが、友達の昔の知り合いにエステで120万使った顔がパンパンのぽっちゃり系の女がいたそうです。40代既婚デブスはヤバいぐらい太っていたので、ぽっちゃり系は控えめな言い方になってしまいますが、顔がパンパンってところがお揃いでした。顔がパンパンで、左右対称ではない目の形まではっきりと分かり気持ち悪い顔をしていました。

そうしたら、その120万エステで使った女が、中国人社長と付き合っていたそうですが、その社長の顔がすごくキモかったらしいです。それで、キモいってことにも気づかず、買ってもらうアクセサリーの話とかしていたらしいのですが、友達曰く金あっても私はあの社長と性行為なんて無理だろうです(笑)

一理あります。私も歩いていて恥ずかしい男は無理です。40代既婚デブスを彷彿とさせるエステ女なんですが、前世でつながりでもあるんですかね、この二人は。

 

さて、ブスを見下して楽しかった2012年~2015年の話ですが、当時は何を聞いても何をしても楽しかったのですが、今はそれがありません。

ただ、これもブログに以前書いたのですが、覚醒剤使用みたいにかなりハイになっていただけかもしれません。

私は元々かなり早口です。それも活舌が悪くなりません。そして、かなり衝動的な性格です。これがアスペルガーのせいか、中学生時代から統合失調症だったのかは分かりませんが…。

そして、ハイテンションなタイプであまり苦痛を感じずオーバーワークするタイプだったのは確かなんですね。

2012年~2015年は、毎日1700キロカロリーぐらい食べて、朝10時~15時ぐらいまでジムで一日運動していました。帰ってきても疲れて寝るということはなく、家でもネットにアニメに読書にFXとかなり元気に過ごしていました。

そして、退屈なものがありませんでした。

 

しかし、今は退屈しやすく、なんでも楽しいということがなくなった代わりに変な変化があります。何でも楽しかったのとは違って趣味を選べば心から楽しめます。

例えば、2012年~2015年は、音楽の違いなんて分からなかったのですが、今はかなり良質なものでないと気分がよくなりません。アニメも評判の悪いものはダメでかなり評判のいいものでないと面白いと感じません。

オリンピックもその意味ではかなり質のいい演技なので楽しめるのでしょう。

感受性が必要以上に豊かだったところ、質が理解できるようになりました。質のいいものは鈍い人間にも響くものだと言うことも今になって理解できるようになりました。

こう考えていくと、前がハイテンションすぎただけで、今薬の副作用が顕著に出ているとは思えません。

 

しかし、変わっていないのは、40代既婚デブスみたいな惨めな外見の女を見下し意志ですね。美意識だけは、ハイテンションだった時から本物だったみたいです。ただし、派手な化粧はしなくなりました。30代に入ると婆に見えるだけというのもありますが、派手にアイシャドウを塗ったりゴシックを着るのを美しいとは感じません。

今日はSM2で出かけたのですが、それよりもお洒落な流行りの服が今は好きです。

昔は流行りは気にしなかったのですが、今は流行りでもピンクや黄色も好きで、同時に春だから花柄にも興味を持つようになりました。今はファッションはネットで調べられますが、またファッション誌も買ってみたいです。

 

そんな私は、ワンピースと進撃の巨人だったら、ワンピースが楽しいと感じるので、ワンピースはやはり名作なんだと思います。

 

それでも、覚醒剤使用者並みのオーバーワークだったから叶ったことも人生で多かったと思います。そして、その快適なオーバーワークにまたなりたいって思うんですよね。

しかし、そのオーバーワークのお陰でFXのショーター(暴落に賭けるトレーダー)としての手法をユーロ危機とアベノミクスの最中で完璧に完成させることができたんだと思います。

そして、冷静にトレーディングするためには、無駄にハイテンションだった2012年~2015年より今の方がいいと感じます。

今回の暴落は本当に何もできる状況ではないですが、10年後が楽しみです。その為に今バイトして頑張って貯金したいです。そして、感覚を失わない為に常にデモトレードを心掛けたいです。

 

最後に、今日の自画像ですw

 

f:id:fpe6665:20180217213210j:plain

リストカットの傷を治す為に形成外科へ行ってきた。

先日、リストカットの傷を美容整形で消す為に形成外科へ行ってきました。と言っても無料カウンセリングです。傷について聞かれたり、傷全て消す為の見積もりを出してもらったりをしてきました。

 

私のリストカットの傷は大体、大学生ぐらいからあります。

私は高校は楽しかったのに大学は苦痛でした。まだ、1~2年生ぐらいまでは勉強する気力があったのですが、2年生の時に必修も自由選択も3~4年生の分を単位取得して大学は3年生になってからは休んでいました。お陰で大学3年生の記憶がありません(笑)

ただ、学校にも行かずバイトもせずに遊んでいたか家に閉じこもっていた記憶はあります。特に生産的なことは何もしていなかったと思います。

大抵の大学生は3年生ぐらいから就活をするのですが、私は就活をする気力もなく、同時に進学のために勉強するモチベーションも上がらなかったのでのんびりと過ごしていました。ゴシックやロリィタ系の服装にはまったのもこの頃だったと思います。

多分お洒落するのが面倒くさくなったのでしょう。

 

そして、この頃リストカットの傷が増えました。

統合失調症の被害妄想とは別に、本当に30歳前後でPCのハッキングの被害に遭い嫌がらせを受けた私としては、統合失調症の発病を30歳前後ではなく、この大学の時ではないかと疑っています。リストカットが増えましたから。

同時に、幻聴、幻視、幻覚が一切なかったので、破瓜型を疑っているので、今週末の診察でそれについて聞こうと思っています。同時にアスペルガーも疑っています。

それは物心ついたときからコミュニケーションが苦手で無表情だったからです。

 

それでも、高校時代が初めての自由を感じた時期であり、家から近いところに行った為に時間の余裕もあり、初めてルーズソックスを履いて、メイクができたりと楽しかったし、受験の時だけ、受験勉強を理由に学校(底辺校でした)の勉強を好きなだけサボれたので、高校は楽しかったです。

 

大学に入ってからは、周りは進学校卒の人ばかりでサボり癖のついていた私は全然馴染めず、居場所がない思いをしていました。別の大学へ行きたかったのが本音ですが、滑り止めもなかったので、仕方なく、都内の国立大学に通いました。家も金持ちではなかったので。

その大学時代が本当に苦痛で、3年生の時については上にも書きましたが、4年生の時のゼミは全然楽しくなく、勉強のモチベーションも上がらず、ゼミの前3日ぐらいに予習をやっとの思いで完了しました。一度学校が嫌で電車の飛び込みを考えたのも大学4年の時でした。

今思えば休学か退学すれば、その後の精神的に病んでいた時期はなかったのではないかと思います。

 

大学は大嫌いで本当に苦痛だったので、大学の卒業アルバムには一枚も写真を残しませんでした。卒業式の時に集合写真を撮るということになったのですが、嫌で一人帰ってしまいました。帰っている途中の私の携帯電話には友達から戻ってきてほしいとの着信がありましたが、大嫌いな大学とつまらなかった数学科の卒業アルバムなんて嫌だったので、無視して一人家に帰りました。

 

両親にも写真は集合も個人も一枚も残していないと言ったのに、両親が大嫌いだった大学の卒業アルバムを高い金出してわざわざ買っていたのはショックで仕方なかったです。

 

私はリストカットと言っても当時は隠したかったので、アームカットと言った方が正しかったです。

 

大学時代、友達ができなかった上に勉強でも躓いてしまって、嫌な思いをした上に、目標もなかったから進学も就職もせず、ただ、僅かに優しくされるからというだけで数学者になりたいと、大嫌いな数学を信奉しているフリをして過ごしました。

リストカットはそのストレスだったと思います。

 

今思えば、私は大それたことは一切望んでいません。普通に友達が欲しい。そして仲良くお茶したり食事したりショッピングがしたい、これぐらいしか望みがありませんでした。それが唯一叶っていたのが高校時代でした。だから高校時代は勉強のモチベーションも上がったのですが、真逆の環境で数学を毎日何時間もやらされる大学時代は勉強のモチベーションなんて上がるはずもありませんでした。

 

しかし、当時のリストカットの傷は比較的浅かったのですが、大学時代友達ができなかったので、大学卒業後も友達ができず、孤独な毎日を過ごす中、またリストカットをするようになりました。それが、大学を卒業して大体3年後ぐらいだったと思います。

ニートをしていました。働こうとは思いませんでした。働いてほしいものもなかったからです。

その頃から精神科に通うようになりました。今もクローズでバイトをしていますが、当時から精神科へ通っていることは隠していました。

寧ろ、メンヘラと呼ばれる人たちが大嫌いでした。だから、健常者とメンヘラの悪口ばかり言っていました。

 

そして、大学時代も、この精神科通院時代も、私のリストカットの動機は、リストカットすれば母親が心配してくれるというものでした。

 

私は大学卒業後に、バイトをしていた時期がありましたが、当時は進学先が決まっていないストレスと、本当は好きではないのに、数学科に行ったから、数学の院しか行くところのないストレスで、リストカットをしていました。

そして、大学院の受験は夏と冬の二回があるのですが、私は、夏は受からないから冬にしようと思っていて、親にもその許可を貰っていました。そうしたら、ある日、冬に受ける為に勉強している話を親にしたら、夏受けるって言ったのに、冬まで待てないって怒られました。その時、以前冬でいいと言ってくれたと言うことを説明したのですが親が理解してくれず、それがショックで、リストカットをしました。そうしたら親が本当に心配してくれたので、それ以来今まで以上にリストカットをするようになりました。

 

そして、受験についてもめたこの日にバイトを辞めてそれから、今現在バイトを始めるまで、約10年間私は働きませんでした。

 

それから、精神科に通って、主にリスペリドンやコントミンを飲みました。そして、体重が、大学4年から2007年ぐらいまでは、痩せ型だったのに、急激に太りました。

その時の体重が、今と同じぐらいで、当時は2012年ぐらいまでは太っていたと思います。

 

そして、大学時代のわだかまりは中々解消せずに、もし、私が真面目に勉強して進学するか、勉強しないで真剣に就活していたら、今頃もっと楽しく毎日が過ごせていたのかなと考えながら、大体2013年までネットの中の人たちと交流していました。

ネットの中の人たちも楽しい人はいたのですが、もし、私がしっかりと進学か就職をしていたらもっと輝かしい人たちと関われたので、ネットの中の人脈にはどうしても満足できませんでした。

それは、今、精神障碍者と関わるのが嫌で、バイトしだしたのと似ています。当時から、人を探せばよかったのだと思います。ネットの人脈が本来の自分が関わるべき人たちではないと感じたのなら、その人たちを真剣に反面教師にする人生を歩むべきでした。

しかし、その反省は精神障碍者を反面教師にして、精神障碍者と一緒の人生を歩むのが嫌だと、楽なデイケアをやめたことに生かすことができました。

 

2013年頃、私はFXをしていたのですが、2013年にアベノミクスが始まる前、私は2009年~2012年にかけてショーターとしての手法を完成させていました。しかし、アベノミクスでそれが完全に不利になってしまって、苦労している間に、ジムにも通いダイエットにも成功して、同時にネットに写真をよく晒すようになりました。

 

その中で、歯の矯正をしたこともあり、大学から進学や就職をする地続きの人生では得られないぐらい自分が美しく磨かれたと感じたので、その頃、自分が心底好きになり、大学時代のわだかまりも溶けていきました。当時は毎日ジムに通い、楽しかったです。

 

2011年頃はコンプレックスの塊に見えたネット内の人たちのことも、2013年には受け入れられるようになっていました。美しくなれたのだから、この人たちと関わる人生も受け入れよう、本来関わるはずだった人たちと関わっていたら美しい今の自分はないのだから…と。

同時にこの頃はリストカットをしなくなっていました。傷だけが薄く残っていました。

 

しかし、2015年の8月ぐらいに、ネット犯罪の被害と、ネット内の嫌がらせの被害に同時に遭うという珍しい体験をしました。

 

ネット内で当時合計3つ~5つぐらいのグループと同時に揉めて、一つはよくここでも挙げる40代既婚デブスやマリッジファーストのぽっちゃり系の女のいたグループなんですが、それ以外に、私のPCをハッキングしたグループと、トレーダーのグループと、数学者の男との交際を押し付けたグループがいました。これらからのネット内の嫌がらせが同時期に起きました。

 

PCのハッキングというと、統合失調症の注察妄想を思い浮かべますが、私の場合は妄想ではなく本当にそういう被害があったのです。そして、いつハッキングが終わったかが分からず、終わった後もハッキングの被害に遭っているとの認識が、ずばり注察妄想と関連妄想でした。

 

しかし、本当にハッキングの被害に遭ったら、いつ終わったか分からなくなって注察妄想に陥るのは普通だと思います。

 

その被害の中で、思わずリストカットをしてしまったのですが、実はこの傷が結構大きかったのです。

そして、これが人生最後のリストカットになりました。一度切ったのですが、縫わないといけないレベルの傷を自分で包帯を巻いて治しました。その為にかなり目立つ傷になりました。

 

しかし、私はハッキングをしてくれた人には感謝しています。

実は、ハッキングされて嫌がらせされたことによって、今まで悩んでいた大学卒業後の進路についてのわだかまりがなくなりました。悩む余裕がなくなったためで、そのハッキングと3~5つのグループの嫌がらせの期間、その人たちのことしか考えなかったので、過去の悩みが頭をもたげることがありませんでした。

 

そのまま、被害妄想と関連妄想と注察妄想に陥り、独語の症状が出る状態で1年近くを過ごしました。その間は悩むことがなかったので、今までで一番気楽だったと言っても過言ではありません。

その途中では、この被害妄想絶対におかしくない??と思うことがかなりありました。しかし、妄想やめたら寂しいので、意識的につじつまを合わせていました。合わせている中で正しいと認識するようになりました。

 

そして、今、バイトを始めて、夏の制服だと、腕を出す可能性があり、そうなるとリストカットについて聞かれないということはありえない!!となったので、形成外科の門を叩きました。

 

今までは、この通り、働く必要のない人生を歩んでいたので、形成外科に行きたいとは考えませんでした。

友達に、私の数年間について尋ねました。そうしたら、一番病んで見えたのはリストカットの傷が増えた時と言われました。一時期はアームウォーマもつけずに半そでで出歩いていたので、そうすると傷が見えましたから。

今のバイト先は、私の怒って見えてしまう特徴などを接客業の立場から注意してくれて少しずつ直して戦力になるように育成してくれます。同時に接客業でも営業に近い部分もある職なので、明るい人間が好まれますし、皆明るく接してくれます。

アスペルガーの疑いも私にはあるので、そんな私と頑張って会話してくれる今のバイト先にはかなり感謝しています。

だから、私も暗い人間や、病んでいる人間って思われたくないので傷を治すことにしました。

そして、今のバイト先はあえて正社員にならずに、稼げるからとパートのままの人もかなりいます。パートと正社員を区別せず実力主義のやりがいのある職場です。

経営者も従業員のことを思ってくれていて、明るく働きやすい職場になるように気遣いをしてくれています。だから、長く務めることができたらと思っています。

 

形成外科のカウンセリングに行ってきて、そして、見積を出してもらいました。

そうしたら、驚いたことに200万ぐらいかかるそうです!!

とりあえず、FXをしていた関係上貯金はあるのですが、全損です。もし、ショーターによい市場環境だったらかなり今頃資産があるのですが、ずっとロンガーにラッキーなマーケットだったので、貯蓄は200万未満です。

だから、親に一部お金を借りて、一部自分からだして形成外科で傷を治すことにしました。

それでも、バイト代をかなり貯金しないと、もう一度FXを始めるのは難しい状態です。

ちなみに、今、市場は暴落していますが、今の暴落には私のFX環境を整えるのが間に合わないので今回はトレーディングをする予定はなく、次の暴落時にトレーディングする予定なので、するのは10年後です。

アベノミクスを見ていたのだから、ロンガーやれば?とは一理ありますが、買うと何故か底が抜けます(笑)

 

そして、手術の日程を3月に決定しました。

 

制服が夏服になるのは6月なので、それまでには傷が綺麗になるから、そこは安心ですが、手の甲に傷があり、そこにテープを張って10日間仕事するので今から言い訳が必要です。

 

最後に、この日のファッションなど書いていこうと思います。

形成外科へ行った日は暖かかったので、コートが必要ありませんでした。

なので、黄色のカットソーの上は、パーカーを羽織っています。

f:id:fpe6665:20180214221827j:plain

 

そして、この日はバイトではないので緑のアイシャドウを塗ってみました。この前茶色のアイシャドウを塗ったらパールが婆みたいに見えたので、目の二重の幅だけ緑のアイシャドウを塗りました。

f:id:fpe6665:20180214222025j:plain

 

つい最近オーブンレンジを買ったので、ボルシチを作ろうかと思ってビーツの瓶詰を買いました。あと、バレンタインなのでチョコレートを買いました。

豆腐ドーナツは形成外科の最寄り駅で買いました。

f:id:fpe6665:20180214222127j:plain

 

あと、私はラッシュの天使の優しさを作ったり、レチノールとアロエベラジェルで美容液を作ったりしているのでそれの材料が通販で届きました。

f:id:fpe6665:20180214222255j:plain

 

天使の優しさやレチノールの美容液を使いだしてから肌状態はかなりよくなりました。

 

私は美容整形はしていないですが、歯の矯正はしています。リストカットの傷を消すとは言え形成外科も初めてですが、綺麗になれるのなら、手術頑張りたいと思います。

近頃は美顔器も使うようになりました。あとはダイエットが完了すればと思っています。同じ歳の友達が2キロ痩せてかなり細くなったので(多分BMI18)、私も頑張りたいです。

先週は温泉旅行に行ってきた

先週は温泉旅行に行ってきました。近場だったので、朝早く出る必要もなかったのですが、観光したかったので、早く出ました。

温泉も、早くチェックインしてゆっくりできるプランだったので、目的地への到着を急ぎました。

 

まず、温泉地の近くの山に登って、上の神社で御朱印を貰う予定だったのですが、神社まで行くのに思ったより時間がかかると分かり、中止しました。

私は、疲れそうなので行くか迷っていました。せっかく来たし、御朱印集めを趣味にしようとしていたところなので、神社へ行きたかったですが、温泉が早くチェックインしてゆっくりとお湯に浸かれるプランだったので、早くチェックインしたい気持ちもありました。それに観光で疲れたら温泉にあまり長く浸かる気力までなくなりそう…と不安でした。だから、山を登るかは迷っていました。

 

しかし、山の近くの野菜農家が経営している団子汁のお店で美味しい昼食を頂きました。

f:id:fpe6665:20180210215252j:plain

 

団子もお漬物も、煮物も全て手作りしているようで、とても美味しかったです。量は少し多めに感じました。米も魚沼産コシヒカリを使用していました。

デザートを食べようかと思ったのですが、お腹いっぱいになったのでやめました。

この定食屋からの景色がとても綺麗でした。ここは個人が家を改築してやっている定食屋なので、炬燵の席が選べて、テラス席もあり、テラス席には炬燵がありました。私は、寒いので室内の炬燵席を選んでゆっくり食べました。

外のテラス席から見えた眺めです。

f:id:fpe6665:20180210215558j:plain

 

川がとても綺麗でした。

 

食べた後、温泉旅館に向かいました。正直昼食べすぎたので、夜食べられるか不安で、その分消費しないといけないと思い、かなり長く温泉に浸かりました。大体1時間ぐらい途中で水をか浴びながら浸かっていたと思います。

ここの温泉は結構気持ちがよくて、入っていてかなりリラックスできました。湯の質もアルカリ性で肌がつるつるになりました。

 

この前、熱海の旅行に行ったときは、温泉が熱すぎたのもあり、長く浸かることができませんでした。少し疲れていたのもあると思います。熱海ではきっちり観光しましたから。しかし、今回の旅行は休むことを優先しました。

温泉は少しの負荷で、セロトニンも分泌されると思います。筋トレや運動に似た気持ちよさも感じますし、色々と落ち着いて考え事もできます。一時期は温泉は嫌いでしたが、今は結構好きです。ドーパミンの分泌も促すと思います。ドーパミンは快楽ほろ門ですが、温泉に入って幸福感があるうちはセロトニンだと思いますが、少し負荷を感じて、きついなと感じるダイエット用の半身浴をすると、ドーパミンが分泌されて、温泉に入る集中力を高めて、負荷に慣れさせる効果があると思います。

 

そう言えば、温泉から出た時に、私より1~2歳ぐらい年上の女で、お尻がセルライトまみれの子持ちがいてびっくりしました。子供産んで体型崩れたというよりも元々あまり美しいタイプではないようですが…、何故ならゴリラの様なごつい顔をしていたからです。それで、太ってはいないのですが、肌がくすみ、セルライトにまみれている姿はクリーチャーでした。私は、ああはなりたくないのでダイエットを頑張りたいです。

 

ダイエットしないと結局のところ、32歳以上の女は、①、たるむ、➁、パンパンになる、のどちらかという気がします。セルライトのないタイプは皆皮の中の肉がはちきれそうなデブのパンパン体型です。

セルライトとパンパン、どっちがマシかは人によりますが、歳をとるというのは体型の崩れに一番顕著に出てくると思います。それだったら、多少セルライトがあっても痩せている人が勝ち組だと思います。パンパンのデブは嫌です。

 

お食事は鰤のコースでした。

 

f:id:fpe6665:20180210220712j:plain

 

前菜と鰤の刺身と鰤のしゃぶしゃぶと鰤大根です。鰤のしゃぶしゃぶがとても美味しかったです、鰤大根や刺身も美味しかったですが、鰤のしゃぶしゃぶはやっぱりしゃぶしゃぶだけあって表面は直ぐに火が通り、中身は生の状態で、とても美味しかったです。

 

その他には、牛肉の西京焼きと、甘鯛の蒸し物が出ました。

 

f:id:fpe6665:20180210220949j:plain

 

絞めは、かす汁と寿司でした。

 

f:id:fpe6665:20180210221023j:plain

 

デザートには酒かすプリンが出ました。

 

f:id:fpe6665:20180210221102j:plain

 

私は、昔、体重をBMI18に保っていた頃は食事を楽しむということは一切しませんでした。今また少しそういう状態に戻りつつありますが、たまに旅行に行ったり外食したりして美味しいものを食べるのは楽しいと思いますが、太ってハッピーと言って暴飲暴食(本人たちは味わっているつもりだろうが、私から見たら大食漢)している人の幸福感は豚そのものなので味わいたくありません。私はたまに食事を楽しめればいいです。毎日食べたいとは思えません。普段は粗食で、痩せた綺麗な体型が保てればいいと思います。

先日ジムの体組成計で、体脂肪率など測ったら、幸いにも30%にはなっていませんでした。私は、体脂肪率30%の35歳になったら終わりという気がしてなりません。しかし、筋肉質のはずが、大分筋肉も落ちているみたいで、筋肉量が過去の多めから標準になっていました。

 

どちらにしろ、私の中で、太って、それに気づかず幸せと言っているのは豚そのものに見えます。豚のとろんとした目と同じ雰囲気をそういう女は醸し出していますから。腑抜けという言葉が一番合うと思います。

私が会ってきた、精神障碍者精神障害以前に腑抜けとか怠けとか豚という言葉がぴったりの連中でした。

 

何故、今日、楽しい旅行の話だけで終えたいのに、こういうことを書いているかというと、彼女たち、彼ら、そういう人間と同じになりたくない、そのためには努力したい。どんなステータスをつけても、豚に見えるヤバい人間になったらその時点で女は終わりと感じるからです。結局は見た目でその人の幸福は決まります。特に自己評価における幸福感。見た目が綺麗だったら、それだけで、他人を羨む気持ちも沸かず、見た目で下になったらその時点で、どれだけ客観的に完璧なステータスを持ってきても、見た目の綺麗な女を見て、心穏やかにはいられない、それが女の世界です。

 

私の友達は、豚になるぐらいなら、自尊心なんて高くなくていいって言っていました。

 

十分楽しんだのでダイエットを頑張りたいと思います。

 

前髪切りました。

 

f:id:fpe6665:20180210221951j:plain

 

バイトしだしてから、顔つきが綺麗になったと感じます。バイトしてよかったです。

今日は仕事の合間の休みだった

仕事を初めて既に5日間出勤しました。そのうち4日間は8時間労働です。私のシフトは全て8時間労働になっています。バイトの面接からして5時間~8時間から希望だしましたから、バイト先の人手不足もあり、私は8時間労働です。

昔バイトしていた時は、大体5時間労働でたまに8時間労働があって、週に3~4日出勤していたので、今回もそれぐらいになるかなあと思っていたら、8時間ばかりでした。

まだ本格的な接客などはしていないのですが、しかし、私のバイト先の接客はやや専門知識を要するコンサルタント的なものなので、接遇と言った方が正しいかもしれません。私は目つきが悪いのでお客さんに笑顔で接しても笑顔で返してもらえないのではないかと不安があります。

 

だから整形したいんですよね。実はリストカットの跡を整形することにしました。幸いFXをしていた関係上貯金があります。それでも、そこまで多いわけではないんですけど、それに一人暮らしのために貯金には手を付けたくなかったのですが、バイト先の制服で夏は半そでの可能性があり、そうするとリストカットの跡は目立ちますから。

 

私はもちろんクローズでバイトしています。

まあ、クローズと言っても私は障碍者年金ももらえないぐらい症状が軽いので、クローズで働くのが当たり前と言ってしまえばそうですが。入院中にソーシャルワーカー障碍者年金の取得を勧められたので障碍者手帳の取得をしましたが3級でしたから。同じデイケアにいる統合失調症の人は法テラスを使ってでも障碍者年金を貰えないか頑張ってみるべきだと言っていましたが、私は反対です。仮に2級でもらえたとしても、働いてフルタイムになると同時に返納すべきだし、そうする予定ですから。障碍者手帳は、身体障碍者の場合は永遠なんですが、精神の場合は状態の変化で等級が変わるので、2年で更新しなければいけません。その意味では今2級であっても働いているうちに3級になり、フルタイムで働くことによって年金打ち切りになる人はいっぱいいると思います。

私は現在持っている3級の手帳も更新と同時に破棄するつもりです。つまり更新しません。その時点でクローズでもなんでもなくただのフリーターになります。

 

今の時点で障碍者手帳なんて返納したいのですが、それでも持っていると3000円貰えるので、残しています。でも、たった3000円なので更新の際にそのまま捨てちゃう予定です。別に作業所も行かないし、障碍者雇用で働く予定もないですから。全ては金次第です。

 

でも、変じゃないですよね。だって高々年80万程度の障碍者年金のためにフルタイムで働くのを忌避している精神障碍者ってどれぐらいいるんでしょうねって話です。そして、デイケアに行っている男と作業所に通っている女でしょぼいカップルになっているような精神障碍者(笑)

私にそんな生活しろって言いたいのが、法テラス使ってまで障碍者年金貰えって言った人間です。そりゃ、精神障碍者嫌いになるのは当然でしょうって言いたいです。

 

しかし、バイトは今のところ本格的なコンサルタント業務には従事していないのですが、前回の出勤で座学の研修が全て終了したので、明日の出勤からコンサルタント業務を習います。最初からそれで営業ができるわけでもないので、3ヶ月後に私の給料は下がるそうです。まあ、そうだよな。仕事もできないのに貰うのは申し訳ないですし。

 

ニートだったせいで、自信が全然ありません。それに多分初期の時点でも他の従業員に比べてできが悪いのではないかと不安です。

しかし、バイト先は、従業員同士のコミュニケーションを大事にして、明るく皆が働けるようにとかなり気を使ってくれています。今までの全てのバイトと比べて圧倒的に残業させないということにも気を使ってくれています。なんとか5年は続けられるように頑張りたいと思っています。社会人なら退職金を貰えるのが3年なので、3年頑張る人が多いみたいですが、パートで4年働いていてすごく仕事ができる人がいるのでその人みたいになれるように頑張りたいです。

 

そして、今ここでアップする写真は裸眼なんですが、普段仕事では眼鏡です。これもバイト代が入ったらコンタクトに変えたいと思っています。そして、目つきの悪さを整形で治してぱっちりとした可愛い目になります。穏やかな感じに。私の目つきは元気になると圧倒的に悪くなります。退院直後辺りは可愛かったのに。

しかし、その写真は他所で使っているのでここではアップできません。同じく統合失調症になる前の写真もアップはしません。過去に嫌がらせした40代既婚デブスやマリッジファーストのぽっちゃり系の女に特定されかねないので。

 

この二名については以下の日記にあります。

 

fpe6665.hatenablog.com

 

近頃テレビを見るのですが、そうしたら天童よしみが出てきて、あ!40代既婚デブスに似てる!!と思いました。本人写真上げるわけにはいかないですし、持ってないので、そっくり天童よしみです。

 

f:id:fpe6665:20180131201313p:plain

 

40代なので天童よしみより若いはずですが、老けているので見た目こんな感じです。太って顔がパンパンなので、顔もこれぐらいでかいですし、この写真はアクシーズのフリル姿にも見えるからそっくりで笑ってしまいました。

 

そんな私は今日はステーキを食べに行ってきました。

 

f:id:fpe6665:20180131201450j:plain

 

リブロースなのでカロリー低めです。しかし、牛は目が円らで可愛いので、少し罪悪感を感じました。私は、一時期ベジタリアンをしていたのですが、統合失調症になって、セロトニンドーパミンの生成分泌に肉類がいいと聞いてベジタリアンを一時的にやめていました。その為、ここのところは毎日肉を食べています。魚の日もありますが。

それでも、またベジタリアンを始めようって今日思いました。それは多分、ロナセンによるブロックでドーパミン不足だったんですが、その為に色々なことを我慢して、長期的な成果によってドーパミンを分泌させる気力がなくて、短期的な成果として食べ物でドーパミンの分泌を狙っていたところ、ロナセンが中脳辺縁系以外でのドーパミン不足を解消してくれて脳内のドーパミンが増えて、快楽を感じやすくなって食べ物でストレス解消する必要がなくなった為だと思っています。

二週間前に、家の周りを1時間走るのを楽しくこなすことができ、今日また家の周りを1時間走りました。そして、その後ジリアンマイケルズのダンベル運動をやりました。

ジリアンマイケルズは12月ぐらいから頻繁にできるようになっているのですが、それでも気持ちいいと感じるようになっています。そしてあまり退屈しなくなってきています。今日はブログも楽しく書けます。

 

しかし、その中でもランニングでのドーパミンセロトニン効果の成果が顕著に出ています。今日は1周目は本当に気持ちよく一切苦痛を感じることなく、快適に走りましたが、2周目はさすがに疲労がありましたが、しかしそれでも、過去の1周目より苦痛はなく楽しいです。ちなみに1週30分、2週1時間です。

 

しかも、今回はジリアンマイケルズもランニングもまたやりたいという気持ちと一緒です。少し前は苦痛に感じたり走っている途中で退屈したらどうしようって不安がいっぱいでそれが走るのを億劫にしていました。ジリアンマイケルズにもそういう不安がありましたが、今日は食べたのでしっかり運動しました。

 

デザートにクリームブリュレを食べました。

 

f:id:fpe6665:20180131202232j:plain

 

本当はヴィーガンを目指すべきなんでしょうが、ヒトラーベジタリアンで甘いお菓子は食べるというタイプだったので、私もベジタリアンで甘いお菓子は食べると言うタイプにします。たまにの外出で肉類を食べて、家はたまに魚を食べて基本ベジタリアンになります。

 

そして、帰りに手芸屋さんによって刺繍キットを買ってきました。

 

f:id:fpe6665:20180131202434j:plain

 

本当はもっと大きくて本格的なのをやりたいのですが、長いこと刺繍をしていないので簡単なのから買ってきました。私が初めて刺繍をしたのはデイケアで、です。デイケアのプログラムは精神障碍者さえいなければ悪い内容ではありません。

刺繍は無心になれるので多分セロトニンドーパミンの分泌にもいいです。集中力でドーパミンと言う感じだと思います。

ただ、家に保管場所がないのででき次第ネットで売って行こうと思っています。

 

今日は前髪を作りました。少しは目つき悪いのが誤魔化せるかなあと思ったので。

 

BEFORE

 

f:id:fpe6665:20180131202713j:plain

 

AFTER

 

f:id:fpe6665:20180131202735j:plain

 

少し切りすぎたので、前髪をピンでとめました(笑)

 

あと、今日はラッシュの【天使の優しさ】という洗顔フォームの作成に挑戦したいと持って材料を買いました。一部は100均やドラッグストアにあるのですが、残りは通販の生活の木です。

 

ameblo.jp

 

あとは、天使の優しさとは別にレチノールとアロエベラジェルとを混ぜて美容液を作ろうと思います。

 

今日はかなり有意義に過ごせたので一日が超短かったです。デイケア行っていた時とは大違いです。

 

そのせいか体重が食べすぎなのにあまり変わっていません。0,1キロ増えました。

 

f:id:fpe6665:20180131203104p:plain

 

毎日2000カロリー近くとっているのに、体重は全然増えないので、かなり油断していますが、明日明後日とバイトで小食で過ごし、土曜日に診察がありますが、その後にジムによって運動してサウナに入ってこようと思っています。

 

ダイエットはやっぱりBMI18になるのに1年ぐらいかかりそうです。

しかし、生活習慣を変えるにはそれぐらいかかるので、リバウンドしなくていいと思います。それに、ジムに1年ぐらい通って、その後は、毎日朝仕事前に家の周りを走るようになれたらなあと思っていますし。

しかし、サウナも考えるとジムに入会していた方が安上がりなんですよね。迷います。

【読書、感想】【1493年】

随分前、多分11月ぐらいに以下の本を読み終わりました。感想書きたかったので思い出しながら、また、本をめくりながら少しずつ書きます。まとまり悪かったらすみません。

 

f:id:fpe6665:20180131145139j:plain

 

この本は世界が変わるきっかけになったのは1493年のコロンブスのアメリカ大陸到達にあるという内容の本です。

しかし、その実は、現在賛否両論ある、資本主義によるグローバリズムの始まりがこの年にあるという内容の本です。

 

関係ないですが、グローバリズムに関しては以下の本が個人的に面白かったです。しかし読んだのはそれこそ3年ぐらい前でFXしていた頃なので、感想は書きたくてもほとんど思い出せません。

f:id:fpe6665:20180131145423j:plain

 

1943年を読めば分かりますが、グローバリゼーションは帝国主義と切り離すことはできず、必ずしも民主主義を必要としません。しかし、この【1943年】の中に出てくる王政などの過去の政治体制の元での植民地主義は現在のグローバリゼーションと同じ顔を持っています。

 

本はそれこそ11月に読んだので、本の感想を書こうと思っても細部は忘れてしまって印象に残っている箇所が頭の中にあるだけです。

 

コロンブス交換という言葉が本には出てきます。それは現在で言うところの自由貿易です。現在の自由貿易だと、関税撤廃とか知的財産権が問題になりますが、関税や知的財産権のなかった時代の貿易が書かれているのがこの本です。

コロンブスがアメリカ大陸に渡ってから数々の冒険家が国家の支援を得て、アメリカ大陸、アジア大陸、アフリカ大陸に渡ります。それから、各大陸から、じゃがいもやタバコや珈琲や紅茶を西欧に持ち帰ります。

それらの市場が西欧で広がったために、今度は、それらの各大陸で、これらの作物の生産に乗り出します。

しかし、この中ではヨーロッパに持ち帰られたじゃがいもやサツマイモなどがあり、それらのお陰で飢饉を防げるようになったりもしています。同時にマラリアなどの病気も海を渡ることになりました。そして、現在言われている植民地も当時簡単に作られたものではなかったらしいです。植民地を建設しようとしたら、最大の障壁はインディアンなどの原住民ではなく、マラリアなどの病気や地元の気候だったということも本にありました。

そのマラリアは海を渡り西欧でも、気候がアメリカ大陸(現在の南米)に似ている場所では蔓延することになります。

比較的裕福な人間は現地の経営には参加せず、ヨーロッパの安全な地域から指示を出します。

 

それでも、私が思うには、植民地なんてものは現在にもあるように思うのです。

新自由主義の下、東南アジアや中国には、先進国の多国籍企業の工場があり安い賃金と劣悪な労働環境の中現地の住民が働いています。現地の人間にとっては、現地で農耕牧畜をするよりも、多国籍企業の工場で働いた方が時給換算で稼げるのでそうするのでしょうが、その結果生活の質は大幅に失われています。

質を重視するのはニート特有なのかも知れませんが、劣悪な環境の工場で働いたら見た目の劣化など、あまり好ましくない身体的変化も生じてしまいます。それだったら、農耕牧畜でもして豊かにゆったりと美しく生きた方がいいように私は感じるのです。

 

植民地経営というのもそれと同じようなものでした。

マラリアが蔓延している場所に赴くのは、一部の支配階層であるコロンブスのような人間を除いたら、追放された人間や犯罪者などでした。その人たちが最初に植民地で奴隷労働をした人間たちでした。

 

この辺の様子は【エリジウム】という映画に一部描かれています。

 

f:id:fpe6665:20180131164225j:plain

 

この映画では、大多数の99%の平民は環境が悪化した地球に残り、一部の富裕層のみ、エリジウムと呼ばれるコロニーで生活します。しかし、その平民を雇っている企業が環境の悪い地球には残っていて、そこでは、コロニーに住んでいる人間が経営をしています。

これは、1493年以降に始まる植民地の姿と同じです。

環境の悪いところはコロンブスのようなタイプの冒険家しかきませんし、そのタイプの冒険家が経営をします。しかし、地元インディアンの攻勢よりも、マラリアや空気の悪さによって、西欧から送られた労働者のほとんどが死んでいきます。

そのようにマラリアに対するワクチンもない中、初期の植民地はことごとく失敗します。

 

アンデスから本国に持ち帰ったのはじゃがいも、中国に輸出されたのはサツマイモ、中国や南アメリカやアメリカ大陸、アフリカの植民地で栽培されたものは、コーヒーや紅茶やタバコでした。

 

私たちのイメージだったら冒険者がアメリカ大陸を開拓したり、冒険者の到達と共に中国と貿易が始まった印象がありますが、その姿はエリジウムであり、現在の多国籍企業の工場にすぎません。フロンティア精神にあふれた人間なんていうものはでてきません。

 

それでも、西欧では砂糖や珈琲や紅茶やタバコの需要があり、それを満たすことはかなりのビジネスチャンスになったために、犯罪者や追放者や借金抱えて生活が立ち行かなくなった人を連れて、一攫千金を狙う人が渡ります。

その一部はインディアンと衝突しますが、インディアンと結婚するものもかなり現れます。最初からインディアンとの衝突があったわけではなく、別の本でも読んだのですが、インディアンの消滅はそもそも、マラリアなど西欧が持ち込んだ病原体が原因だったりします。コロンブス交換はアメリカ大陸を開拓する際に、西欧に有利に働きました。

別の本ではマラリアなどの病原体に対する耐性は強い順に、アフリカの黒人、アジア人、西欧人、南アメリカのインディアンだったそうです。

 

その為、最初は植民地では西欧の白人奴隷が働かされますが、そのうちアジア人やアフリカ人を輸入するようになります。リンカーンキング牧師などのお陰でアメリカ大陸の奴隷というと黒人だったというイメージがありますが、現地との貿易でインディアン、アジアとの貿易でアジア人もいて、最初はそもそも白人だったそうです。

 

こうして、アフリカとも貿易するようになり、その頃にはアフリカ大陸にも珈琲や砂糖の農園ができていたりして、自由貿易はアフリカ大陸にも拡大します。現在でも南アメリカには黒人のコミュニティーがあり、アメリカにはチャイナタウンなどありますが、その起源はこのあたりまで遡ります。

 

そして、黒人の独立運動となると、リンカーンだけしか思い浮かべませんが、実は、黒人やインディアンで、現地の砂糖や金の鉱山などの植民地から自由になりたいために個人で独立運動を起こす人たちはかなりいたらしいです。

ほとんどは逃亡という形をとっていますが、逃亡した結果現地のインディアンと上手くいったり、自分で新しい集落を作ったりして、その為、各植民地の周囲には、逃亡インディアン奴隷や逃亡した黒人奴隷の集落がかなりありました。そして度々、そこと植民地が戦争になることがあったらしいです。

 

全体では、一切規制のかからない自由貿易とグローバリゼーションのお話です。

そして、私が考えたのは、自由貿易の結果、豊かになったのかということでした。それは見方によって大分違うと思いました。

私はニート(フリーター)です。その立場だと、自由貿易で世界が発展したのを必ずしも手放しでは喜べません。産業革命は植民地の拡大と共に起きたものですが、その結果現在私たちが使う、洗濯機や冷蔵庫、電車や飛行機のある世界になります。私たちはもう病気を心配しながら帆船で海を渡る必要はありません。同時に家事が一日かかり終わらないということもありません。これは圧倒的に豊かになったと言えます。しかし、その前には、いきなり産業化が進んだためにインフレに悩まされたり、そもそも産業化が進まなくても、金鉱山や銀鉱山の発見のためにマネタリーベースが増えてインフレに悩まされた私たちの過去の先祖がいます。

別に産業革命や植民地、コロンブス交換(自由貿易)がなくても生きていけるのですよ。現に現地のインディアンは生きていましたし、日本みたいな資源のない国は生きていけないというのも嘘です。理由は日本には長く鎖国していた時代がありましたから。その鎖国の時期は確かに長崎で貿易をしていましたが、そこだけに限られていました。貿易品は一部の支配階層にしか流れません。そういう時代でも生きていけたのですから、別に資源のない国には貿易が必要という理論は当てはまりません。

 

ただし、生活レベルを、植民地の周りにあった、逃亡した黒人奴隷やインディアン奴隷の集落に合わせればね、という話です。

 

それでも、私は、大学卒業して大企業に勤めて、結果として顔に皺やらくすみを作りながらパナソニックの美顔器を使い、愚痴ばかりこぼしていた友人が豊かだったとは思いません。私は当時からニートなので30歳になるまで皺などには一切悩まされていませんでした。今になって顔のハリのなさや艶に多少悩まされて努力しています。

 

それでも、生きていけるなら、そこまで必死に植民地奴隷みたいな生活する必要はないんじゃないかと思います。植民地奴隷の生活は現在の多国籍企業の工場で働く人と同じぐらいかそれ以上に劣悪でした。

それと、日本国内の企業に勤める人を単純比較してはおかしいとの声も聞こえてきそうですが、私は、そこまで必死に働かなくても生きていけるなら、無理に稼ぐ必要はないとも考えています。それでも、フリーターだったら年金など心配だから貯金をしたり資格の取得などしなくてはいけませんが、ただ働いて金を稼いでいい生活をと思うのは、いい生活が何を指しているかあまりに個人的価値観に左右されるため分かりませんが、いい生活に縛られた奴隷としか思えません。

西欧で、ジャガイモ、中国でサツマイモが食べられるようになってからは、各地での飢饉の危険が大分なくなったそうですが、今の私たちがジャガイモやサツマイモばかり食べていた当時の人たちを見たらそこに豊かさは感じるでしょうか。

同じように、今大企業に勤めていい生活を目指して家に自動お掃除ロボットのある家に住んだとして、その姿を未来の人が見たら、この本に出てくる、植民地に渡らなかった西欧の庶民と同じにしか見えないと思います。

コロンブスなどが渡ったばかりの頃、南アメリカのインディアンの生活はずっと西欧より相対的に豊かだったみたいです。

その様に、相対的に見たらニートの生活は、社会人の生活よりずっと豊かに見えるはずです。私は毎日ジムに通い健康に気を使いかなり豊かに暮らしていました。

今も毎日のように運動して読書をしています。フリーターですが。しかし、自由貿易の世界ではインフレになるのか、デフレになるのか、それは他の要因も加味されるので一概に言えませんが、デフレになったら社会人の生活が苦しくなり、インフレになったら、多国籍企業の工場で働いていない農耕牧畜をしている発展途上国の人の暮らしが苦しくなります。ニートもデフレに向いています。フリーターもデフレに向いています。

新自由主義ではまずインフレにはならないですが、新自由主義が過去に憧れて目指すインフレや自由貿易は必ずしも多くの庶民を幸せにしません。

特に今、ニートやフリーターや余裕のある働き方を目指し、社会の価値観に囚われない人は、グローバリゼーションには向いていません。

 

私は欲しくもない物質的豊かさを無理やり目指させられた結果かなりの人の生活が楽にはなったが、その反面、過去にインディアンが持っていたような、ゆったりとした楽な生活が失われていく過程が描かれた本にも見えました。

今日は読書の感想を書きたかったけど、つい愚痴りたくなってしまった

感想に入る前に少し愚痴です。私は基本的に根気がありません。それ故ブログもつい面倒くさいと感じる時があります。吐き出したいことが思いつかないのは統合失調症のせいなのかニートなせいなのか分かりません。

私は過去にニートになったばっかりの2009年ぐらいにブログを書いていたことがあったのですが10記事ぐらい書いてやめてしまいました。私の小さいころからの特徴は何をやっても長く続かないというものがあります。ピアノなどは大体小学校3年生から高校2年生ぐらいまで続いていますが、クラリネットはつい最近もう一度弄ってみただけで、中学校の3年間やっただけです。それも先輩が卒業して自分が3年生になってからはかなりサボるようになっていました。

元々何事も続きにくい性格があるみたいです。

だから、バイトも始める前にかなりの不安がありました。どこでもいいけど、私なんかがバイト続くものなんだろうか…と。

 

そして、私が統合失調症患者(精神障碍者)が大嫌いな理由はここにあります。よくこれは病気の症状なのか?薬の副作用なのか?という議論が出てきますが、調べれば薬ができる前から陰性症状というのは、破瓜型の患者以外にも認められたみたいです。その意味で、薬の副作用というよりも統合失調症には陰性症状という状態がちゃんとあるみたいです。

それと同じように、私は元から集中力がなかったり、一つの物事が長続きしなかったりしたのですが、それを統合失調症のせいにしてくる精神障碍者がいます。自分もそうだから、同じ!と喜びたいのでしょうが、認知機能障害は私はないんですよね。だから、集中力のなさや興味のなさ、継続能力のなさは元からなんです。

医者にも言われました。貴方の場合は、薬の副作用なのか、病気の症状なのか、元からなのか、年とともに価値観などが変わったのかが分からないと。

私は統合失調症になるはるか前から、ブログなどが続きにくい、集中力がない、飽き易いなどの性格がありました。多分長文でブログ書くから疲れるのでしょうが。

 

統合失調症の患者(精神障碍者)は自分の境遇を全て病気のせいにして、障碍者として生きていくのは仕方ないと言う言い分です。確かに見るからに愚鈍でこんな知恵遅れみたいなのに普通の職場にいられたら困る!というようなタイプもいますが、それ以外は遅かれ早かれ健常者と同じ生活ができるはずです。にも拘わらず、少し都合の悪いことがあると、精神障碍者をやるのが楽だからと、全て病気のせいにします。そういうところが大嫌いです。そして私にも、病気のせいにするのを押し付けてきます。はっきり言ってそういう態度が心底気持ち悪いです。

病識があるなら、自分は病気のはずですから、私みたいに健常者と同じに生きていける人に話しかけるのはやめてほしいです。健常者で、特別好んで精神障碍者と友達になりたい人はいませんし、健常者と関われるだけの能力があって、精神障碍者手帳を返納できるレベルの人は友達に健常者を選んでも精神障碍者は選びません。

 

ブログがやりにくいと感じていた人は結構いると思うんですよ。

向き不向きがあると思います。向かない人のために脊髄反射的に書き込みができる

ツイッターなどができて、長文も短文も書けるFacebookなどができたのだと思います。しかし、私はSNSで40代既婚デブスやマリッジファーストのぽっちゃり系の女に嫌がらせされてうんざりしたので、もうSNSはやるのやめて気楽な人間関係しか築かないで済むブログに移動しました。

 

40代既婚デブスやマリッジファーストのぽっちゃり系の女などについては以下。

fpe6665.hatenablog.com

 

ブログの面倒なところは、いつも一定の人とだけ関わるSNSとは違い、このように、自分には分かる40代既婚デブスなどの単語について、過去の日記のどこで触れた内容なのか注釈をつけないといけない点と、一応投稿してからか、投稿前かに読み返したりしないといけない点です。

今日のこの内容なんかは、はっきり言うとSNS向けという感じがします。

 

これ書いていて、私には確かにリスペリドンやロナセンみたいなSDAが向くんだろうなという理由も見えてきました。

一つの達成感から、次の達成感に移ってその行動が気持ちよくなるドーパミンの分泌、多くなっている部分と少なくなっている部分があると考えられるからです。脳内のセロトニンドーパミンの分泌をコントロールしているみたいですが、そのセロトニンは中脳辺縁系以外ではドーパミンを抑えます。私は多分、中脳辺縁系以外の場所のドーパミンが足りていません。

そこのドーパミンが足りなくなると意欲の低下とか、集中力の低下が起きますから。これが陰性症状ですけど、これの回復には1~5年かかると言われているので、ブログを続けていくのもリハビリになると思って頑張っています。

私は、元々境界性人格障害だったのですが、2009年当時、色々と精神的に不安定になる事情があり、その最大のものが卒業後進路が決まっていないからニートをしているということだったと思うのですが、今でこそニートであることに引け目を感じませんが、理解も必要としませんが、当時はニートであることを責められるのが辛かったです。

その頃から集中力などが欠落する傾向が強かったのですが、私は株式とFXをしていて、しかも売り方だったのですが、アベノミクスのプレッシャーで一時的に集中力を取り戻しもしましたが、その後あまりにも売り方でいるのが辛くなってからは集中力が欠落するようになりました。

やはり、自分の病歴を見るに、仕事を見つけたりバイトでもして人生を充実させないと、病気の状態が改善しないように思うんですよね。

 

それでも、病気はともかくニートには私みたいな人は多いと思います。

やりたいことを親にさせてもらえなかったので、卒業後何をしたらいいか分からない人間に育ってしまって結果進学も就職もせず無職になるという…。

ニートは常に、このままでいいのか?との不安は抱えていると思います。私もフリーターになったけど、それでもこのままでいいのか?との不安はまだ消えません。それでも今の時代フリーターは増えているのだからと自分に言い聞かせています。

それでも、そんなものは不安が拭える理由にはならないんですよね。精神障碍者と一蓮托生も嫌でしたけど、その反面、フリーターが生きていけなくなる時彼らと一蓮托生になるのも嫌です。フリーターが多いというのは自分の安全を欠片ほども保証しません。まあ、多くのフリーターはフリーターでも生きていけるように、早くに正社員になる努力をするか、なれなかった時は自分で生きていくために資格をとって派遣会社に登録したり、貯金したりしていると思いますが。

 

漠然とした将来の不安、今度医者に相談してみようかと思いますが、はっきりと精神障碍者と関わりたくないので、就職は一般枠以外は嫌です、とは言いにくいですが、それでも私の主治医なので、コミュニケーションをとっていかないといけないから、聞かれたらはっきりと答えようと思います。

 

どっちにしろ、趣味やブログが続かない傾向があるのは、苦しいことを克服するのが苦手だったりするからだと思います。それも、元々苦手だったのではなく、中脳辺縁系以外でドーパミンが足りていないからなんですが。その割には、株やFXはかなり頑張ったなと思います。また下降相場がきたらやりたいですが、今は無理ですね。

 

陰性症状統合失調症の本物の症状だと思います。

陰性症状は無気力になったり、感情平板化したり、集中力がなくなる症状です。私は元々ドーパミン量が中脳辺縁系以外では足りてなかったために集中力がなかったり、物事の継続ができなかったりしたのだと思います。

ドーパミンが中脳辺縁系で増えすぎるのは統合失調症の妄想や幻覚の原因ですが、中脳辺縁系以外でのドーパミン不足を補うために分泌しようとするのかも知れません。

統合失調症の人はうつ病の人と違って自殺に対して耐性があると言われています。それは、多分ドーパミンセロトニンが不足した際に、覚醒剤の使用みたいに、脳内でドーパミンを過剰に分泌することによって、中脳辺縁系以外での不足を補って行動するのだと思います。この足りない部分と過剰な部分の拮抗が、自殺やうつ状態を防ぐ反面、幻覚や妄想の原因になるのだと思います。

 

昔、ピアノを習っていた時や、受験勉強をした時などは、意欲もあり、苦しいことにも進んでチャレンジしていたので、また、陰性症状が治ってブログも楽しくなるといいなと思っています。

それでも、私がブログを2ヶ月以上書くのは記録だったりします。

 

今は暇でやることもないから、退屈に耐えられないから書きたい内容を無理に思い浮かべて書いている状態です。

SNSの方が楽だったと思う反面、SNSは嫉妬が渦巻いているのでそれが嫌だという気持ちで一杯です。

 

今日はこの後、仕事の準備などあるのですが、それから時間が余っていたら本の感想を書こうと思っています。